レーシックで失敗しない口コミ比較

名古屋のレーシック情報!失敗しない視力矯正手術

レーシックで失敗しない口コミ比較。名古屋でレーシックする人のためのレーシック情報

レーシックで失敗しない名古屋のクリニック選び

このサイトでは名古屋のレーシックで失敗することを心配している方々のために最新のレーザー角膜屈折矯正手術の情報を提供します。

 

名古屋のレーシック事情にも詳しいので詳細な情報も紹介しますね。

 

まず名古屋市には主に3つの業界大手レーシッククリニックがあります。ご存知の品川近視クリニックと錦糸眼科、また最近合併してできた神戸神奈川アイクリニックです。

 

正直なところ愛知県にお住まいならこの3つの眼科でイントラレーシックかZレーシックを受けるのが一番簡単で安全だと思います。アフターフォローや専門技術などはこれらのクリニックが群を抜いています。

 

その中でもさらに、最近は品川近視クリニックの1人勝ち状態で、質と料金の両面で他を突き放しています。

 

レーシックの失敗と原因

「レーシック」は新しい医療技術であるため、その安全性が厚生省などによって認められたとはいえ、医師や病院を選ぶ際によく吟味しなければ手術が失敗し、取り返しがつかなくなる恐れもあります。

 

例えば、その専用の医療機器のメンテナンスが不十分であるとか、医師自体が杜撰な対応をするとか、病院の衛生管理に問題があるなどの原因で手術は“失敗”します。

 

この場合の失敗は、「レーシック」手術を受けただけの視力改善が見られないことや、眼病発症が挙げられます。また、ものの見え方が変わってしまうパターンとして「ハロー・グレア現象」があります。

 

ハロー現象:光の周りがぼんやり輪になって見える
グレア現象:光がかなりまぶしく感じられる

 

という症状です。
こういった症状が見られるのは、手術後の早い段階で、手術に伴ってめくった目の表面の膜が元通りに張り付いていない時ですので、その期間内であればこの症状が出るのは仕方がなく、多くの患者さんに見られる症状ともいえるでしょう。

 

しかし、これが一生続いてしまう場合は、原因が異なります。
夜間には目の瞳孔が開く仕組みになっていますが、このサイズよりも、角膜のレーザー照射口径が狭い場合にも「ハロー・グレア現象」が起きる原因になるといわれています。
つまり、目の表面の膜が再度蒸着した後でも「ハロー・グレア現象」が起きるようであればそちらが原因である可能性が高いと考えられます。

 

とはいえ、角膜の照射口径を広く取りすぎても危険ですから、始めからそう広い範囲を蒸散させることはできません。
そもそも一度削った角膜は元に戻せませんので、失敗したから元に戻すということも、再度手術をすれば解決ということもいえません。

 

こういった失敗もありうることや、それが取り返しのつかないことである場合も考えた上で手術を検討しましょう。